MENU

ミノキシジルの副作用で頭痛が?副作用の種類を調べてみた。

「ミノキシジル」という、医療用成分をご存知でしょうか?

 

この薬は、投与した患者の血管を拡張させる効果があり、高血圧患者の血圧を下げるために用いられておりました。

 

ですが、時が経つにつれて血管の拡張によって血行が促進され、育毛の効果が見られることが明らかになり、
現在では育毛剤の成分として使われるようになりました。

 

この「ミノキシジル」は日本の有名な育毛剤である「リアップ」の中にも含まれているのですが、
医療用の成分というだけあり、副作用があります。
 
本来ミノキシジルを使うべきではない人が、使ってしまわないように、
この文章ではミノキシジルの副作用について述べていきたいと思います。

 

 

ミノキシジルの副作用の症状

 

ミノキシジルの副作用を紹介します。

 

副作用1……低血圧に見られる症状

 

まず冒頭でも触れました通り、ミノキシジルは血管を拡張することで血圧を下げる成分ですので、
高血圧ではない人が使い続けることで、低血圧の症状を引き起こす可能性があります。

 

低血圧に見られる主な症状としては
「頭痛・めまい・動悸・息切れ」
があります。

 

特にもともとが低血圧の人はなおさらリスクが大きくなるかもしれませんので気を付けてください。

 

 

副作用2……頭皮の痒みや肌の荒れ

 

ミノキシジルと体の相性によっては、頭皮に痒みが現れる場合があります。
 
私のこの副作用を経験しました。。。

もともと頭皮に炎症などがあった方が、ミノキシジルの使用によって更に悪化してしまったというケースも見受けられます。

 

また、血行促進効果が裏目に出て、皮脂の分泌が多くなってしまうために、ニキビや肌荒れができてしまったり、
血流量が増えて、うっすら赤面したような状態になる人もいます。

 

 

副作用3……多毛症

 

髪の毛以外の、体全体の毛についても育毛が促進されてしまうので、
体毛がもともと薄い方が使うと目立って、すね毛や顔全体の毛が増えてしまうでしょう。

 

 

副作用4……勃起不全

 

ミノキシジル投与者の中で、勃起不全や性欲の低下の症状が現れる人もいるようです。

 

 

副作用5……母体への影響

 

妊娠期間中に摂取することで、胎児に影響を及ぼす可能性があります。(動物実験では悪影響が確認されています)

 

また、授乳期などに摂取してしまうとミノキシジルの成分が母乳に混ざってしまう可能性もあり、そうなると本来ミノキシジルを投与するべきでない、
赤ちゃんに間接的にミノキシジルを投与することになってしまいます。

 

本来ミノキシジルなどが含まれる育毛剤は成人を迎えた人が使用するものですので、
良くない影響を赤ちゃんに及ぼす可能性は高いでしょう。

 

 

ミノキシジルが向いていない人とは?

 

以上の副作用から、ミノキシジルが向いていない人は、

 

1、低血圧の人

 

ミノキシジルによって、更に血圧を下げてしまう可能性があります。

 

2、頭皮や肌に問題がある人、肌を大切にしている人

 

もともと皮脂が多めの人や、炎症がある人などは、悪化してしまう恐れがあるので、控えた方が良いかもしれません。

 

3、ムダ毛が気になる人

 

毛が薄い女性などは、明らさまにムダ毛が増えたことが分かりやすいので、使用は控えた方が良いでしょう。

 

4、性機能が気になる人

 

勃起不全などの症状が心配な方は、精神衛生を守るうえでも、使用を控えた方が良いかもしれません。

 

5、妊娠中の人、授乳中の人

 

ミノキシジルの成分が赤ちゃんに影響を及ぼす可能性もありますので、使用は控えた方が良いかもしれません。

 

上に挙げた条件に当てはまる方は、ミノキシジルを含まない育毛剤もありますので、
自分の体のことをじっくりと考え、専門のお医者様にもよくよく相談した上で、育毛に取り組んでみてください。

 

 

ミノキシジルの副作用 | まとめ

 

リアップなどの有名な育毛剤にも含まれている「ミノキシジル」
育毛の効果も認められていますが、もともとは血管を拡張するお薬です。

 

そのため、使用者の状態によっては、良くない副作用を引きおこすこともあります。

 

私も頭皮の痒み、タダレという副作用で、ミノキシジルが入った育毛剤の使用をやめた経験があります。

 

今は、副作用がなく安心な育毛剤「チャップアップ」で、つむじはげがだいぶ改善しました。

 

こちらの記事を参考にして下さい ⇒ つむじはげが、育毛剤「チャップアップ」で改善した体験談と方法を紹介!

 

副作用訴求