MENU

ストレスは、つむじはげの原因なのか?

仕事に忙しい毎日を過ごしているサラリーマンは、常にストレスと戦っています。

 

残業が続いたり、上司や部下との人間関係に悩まされたり、ストレスの原因を上げ始めたらキリがないという人もいるかもしれません。
さらにこのストレスは、つむじハゲを引き起こしてしまいます。

 

なぜストレスがつむじハゲを引き起こすのか、その理由についてご説明します。

ストレスはなぜつむじハゲを引き起こすのか? 

そもそもつむじハゲの原因とはいったい何なのでしょうか。

 

それは、頭皮の血行障害です。

 

髪の毛は、当然ですが、頭皮から生えています。

 

髪の毛を育て、毛周期の間、生え続けるには、髪の毛に栄養が行き続けることが大切です。

 

髪の毛にいく栄養というのは、もちろん、血液から、行き渡ります。

血液を運ぶ働きの血行が悪ければ当然、髪の毛には栄養が行き渡りません。

ですから、つむじハゲは頭、皮の血行が悪いと起きてしまいます。

 

では頭皮の血行障害はなぜ引き起こされるのでしょうか。

 

その原因がストレスです。


ストレスは全身の血行障害を引き起こします。

 

そして、血行障害は末梢から先に影響がでますから、まっさきにつむじの血行障害がおき、つむじハゲが引き起こされます。

ストレスはなぜ血行障害をおこすのか?

ストレスは、自律神経に悪影響を与えます。

 

自律神経がストレスによって乱されると、交感神経が常に緊張した状態となります。

 

この交感神経というのは、血管を収縮させる働きがあります。

 

ストレスによって自律神経が乱れ、交感神経ばかりが働くようになると、常に血管が収縮した状態となり、全身で血行障害が生じます。

 

血行障害がおきると、細胞に必要な酸素や栄養は届かず、老廃物や有害物質が体内に蓄積するようになります。

 

この血行障害が頭皮に起きることで、つむじハゲが引き起こされます。

 

ストレスはつむじはげにとって悪影響なんです。

 

ストレスを感じている人は、家でリラックスできるような時間を作ることでつむじはげを改善することができます。

つむじはげに対するストレスの悪影響 まとめ

 

・つむじはげの主な原因は、血行障害
 
・ストレスは、自律神経を乱し、交感神経が常に優位となり血行障害を引き起こす
 
・つむじはげを改善するには、ストレスの解消が有効

 

ストレス社会で生きているサラリーマンにとって、ストレスを完全になくすことは難しいですが、家にいる間は仕事のことを忘れてできるだけリラックスして、頭皮の血行を改善しましょう。

 

私のつむじが改善した体験談はこちらです>>>